ページの先頭です

Our Method

入れ歯の治療

歯医者に「入れ歯になってしまいます」と告知され、「えー、この歳で入れ歯…」など入れ歯に対する印象はよくないのが現実です。
しかし昨今、入れ歯の性能、性状も変わってきています。

現状、欠損歯(歯がない部分)に対する治療処置はブリッジ、インプラント、入れ歯と基本3つの治療法があります。

この3つには、それぞれメリット・デメリットがあり患者のライフスタイルに合わせた治療処置を行なうのが大切になってきます。先ほどにあったように入れ歯も変わってきています。


今までの保険治療での入れ歯は、金属のバネがあり、口を開けるとバネが見えてしまい見かけが良いとはとてもいえないものでした。

見かけだけでなくバネの部分は歯との密着性が低く、隙間に汚れがたまりやすく、支えてる歯がむし歯になってしまったり、金属という硬いもので支えられているため過度な力が加わり歯が脆くなってしまうことがありました。

また歯茎に該当する床の部分が、ぶ厚く、硬く、大きいということから入れ歯の装着感は大きな異物を口の中に入れている様な感じを避けられませんでした。


入れ歯
厚み比較/左側がチタン製

当院ではバルブラスト(ノンクラスプデンチャー)という金属のバネのなく、そのバネが見えない入れ歯を提供しています。また入れ歯の厚みに関係する部分をチタン製にして異物感がなく、見た目もよくよく噛める入れ歯を提供しています。

入れ歯

また入れ歯の作成段階で必ずおこなう型取りは、特別精密な方法で型取りをおこなっています。
結果、はずれにくくずれ難い入れ歯を提供しています。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F