ページの先頭です

Our Method 当院の治療法・メソッド

ひどい(重度の)むし歯・虫歯/痛くない治療

『ひどい虫歯を本気で治したい』
  • ボロボロになった歯を見られるのが恥ずかしい…
  • 歯医者にいくのが怖い…
  • どうしたらいいのかわからない
  • むし歯によって、咬み合わせが合わない
  • 歯みがきの仕方について怒られそう…

このような悩みをお持ちの方は、一度当院へご相談ください。

痛みへの不安から歯医者に行けない人」を一人でも減らしたい。
その想いで患者さんと向き合っています。

各治療分野のスペシャリストによるチーム医療を行います

専門的な技術・知識を持った歯科医師・衛生士によって
あなたの悩みを解決いたします。

どんな虫歯でお悩みですか?

患者様の質問・疑問に丁寧に説明します。

  • 自分の歯に今何が起きているのか
  • その歯は今後どのような事が起こり得るのか
  • どんな治療を行うのか、またどの様な治療が必要なのか
  • 虫歯がひどい場合、どのくらいの治療期間がかかるのか

分からない状況で通うのは、誰でも不安になります。
しっかりと時間をとって説明いたします。

症例:ひどい虫歯(ボロボロの歯)の治療

After
Before

ひどいむし歯と歯周病も治したいを主訴としてご来院いただきました。
歯がボロボロで口をあけることにコンプレックスをお持ちでした。


症例:虫歯、歯周病の治療

After
Before

セラミック(Before写真)が不適であった為、歯茎も腫れてました。
歯肉の腫れは当院のレーザーで歯周病治療を行なっています。


症例:ひどい虫歯(ボロボロの歯)の治療

After
Before

写真の患者様はむし歯と歯周病により、咬合わせ(咬合関係)が消失してしまいました。
何よりむし歯よって歯が崩壊し、抜歯も選択肢に入れざる得ない状況でした。


症例:虫歯、歯周病の治療

After
Before

上顎左右前歯3歯(計6歯)が不適になってしまったので、やり直しの治療を行いました。


症例:ひどい虫歯の治療

After
Before

ひどく虫歯が進行した症例です。
このように歯の中が黒く透けて見える場合、思いのほか虫歯が深く侵食しているケースが多くみられます。

ストリークレーザーによるむし歯殺菌治療:
レーザーでむし歯菌を炭化させ、死滅させます。感染している部位に反応させるため歯を残せます。
¥19,800(1歯)×2

ドックベストセメント:
銀、銅イオンの殺菌力により侵食したむし歯菌死滅させます。
¥19,800(1歯)×2

E-MAXセラミックインレー:
歯の性状に類似し、透明感があるセラミックの詰め物です。
¥77,000(1歯)×2


症例:ひどい虫歯の治療

After
Before

歯がボロボロで、ひどいむし歯を主訴として遠方からご来院された患者様です。
写真でも分かるように、むし歯によって歯の根(歯根)が露出しているのが確認されます。


症例:虫歯の治療

After
Before

ダイレクトボンディング(グラディア、エステライト)にてMI処置した症例です。
(※MI治療の具体的な内容については、後述しております。)

通常のむし歯治療は、歯茎に麻酔をします。
その際注射針を歯茎に刺すという処置はむし歯治療にはつきものになっています。
しかし当院ではレーザー処置にて麻酔効果を生ませ、なるべく麻酔をしない治療を薦めています。
「痛い」イメージの代表格である麻酔注射は、当院では使用しないことが多いのです。

ダイレクトボンディング
むし歯等を除去後に高濃度のガラスフィラーを配合した修復材(グラディア、エステライト)で形態修復するMIコンセプトに基づいた治療です。
¥50,000(税別)〜(1歯)

保険適用外の治療のみを行っています

保険適用外の治療のみを行うことで、集中的・効果的に、最適な処置・手法・医療技術を選択することができ、最低限の侵襲、最小限の通院回数で終わらせることができるのです。
これが、ひどい虫歯の治療では最大のメリットと言えます。

必要に応じて先端歯科医療技術を用いて治療にあたります
歯科レーザー
歯科レーザー

従来の歯科レーザーと当院のレーザーの相違は、高出力レーザーであるという点と生体親和性の高い酸化チタンを溶液にし治療に使用するという二点です。

この特殊な酸化チタンは球状にミクロ単位で加工されており、このチタン溶液が歯茎の溝(歯周ポケット)やむし歯に感染した歯の細かい部分のまでいきたわり、その周囲にレーザーを照射することで、むし歯治療や歯周病治療、歯の強化などを行うことができます。

ドックベストセメント
ドックベストセメント

ドックベストセメントとは銀イオンと銅イオンの殺菌力によって侵食したむし歯菌を死滅させる治療法です。

簡単に説明するとむし歯に感染した部位に塗布する塗り薬で、結果余分な歯質を削ることなく治療が完結できるため、結果歯の寿命を延ばすことができ、患者様にとっても非常にメリットがある治療法です。

歯科CT
歯科CT

歯科CTは、今までは主にインプラント治療における埋入位置の把握に使用されていました。

しかし最近では歯を支えている顎骨の状態や歯の根っこの状態、歯の破折、むし歯の状態、神経の位置などが正確に確認できるため、治療前の診断として使用されるようになりました。

歯科CTの特徴は、レントゲンでは映らない部分を立体的に把握できるため、一般的な治療においても正確な治療が受けられます。

微酸性電解機能水の使用
EPIOS社 ECOSYSTEM

衛生環境と人体への安全性を併せもつEPIOS社 ECOSYSTEMを導入しています。

生成にあたり、薬剤・薬品は一切使用せず、高純度の塩と超純水電気分解し生成した微酸性電解機能水(ph6.5・20ppm)です。

インプラント施術、抜歯、歯周外科などの手術の時にも充分に効果を発揮します。

歯医者に通うきっかけはどんな時ですか?

多くの人は「歯が痛くなってから」と答えると思います。

そして、実際に歯医者に行くとなると、歯を抜いたり 削ったり、と...、
もっと痛いイメージがあります。

当院ではむし歯を削ることなく、抜歯することもなく、「無痛で治療しています」と言うと驚かれるでしょうか。

実際、保険適用外の診療(自由診療)で治療を行うと、最低限の侵襲で処置することが可能になる場合があるのです。


皆さんは、「ひどいむし歯は歯を抜いて入れ歯にするのが当たり前」「むし歯治療は痛いに決まっている」と考えているかもしれません。

確かに、数年前までは、それが常識だったと言えるでしょう。

しかし、最近では、歯を出来るだけ削ったり抜いたりせずに治療する「MI」と呼ばれる考え方が一般的になってきています。

痛くない治療「MI」とは?

※MIとはミニマルインターベーションの略で、「むし歯治療、管理における最小の介入」を意味します。

当院では全ての治療をMI(ミニマルインターベーション)のコンセプトに基づき行なっています。

MIの治療とは歯質や神経、骨にいたるまでの犠牲を最小限に抑え、生涯にわたり口腔内を機能的、審美的、そして外敵(細菌など)から守り、末永くご自身の歯で生活を過ごせるようにするための治療方法です。

つまり、歯を少しでも多く残すことをベースに治療を進めていくということです。

近年、歯を残すための技術や知識が発達し、数年前では不可能だった手法が数多く考案、実証されています。
当院ではそうした手法を駆使し、抜かない、削らない、痛くない治療にこだわっています。

MI治療って具体的には?

当院で行うMI治療としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ストリークレーザーにてレーザー麻酔(レーザーの効果で歯を鈍麻させます)
  • ストリークレーザーにして侵食したむし歯菌を殺菌
  • ドックベストセメントにて新たに発生してくるむし歯菌や取り残されたむし歯菌を半永久的に殺菌
  • むし歯になりにくい補綴物(光で効果する超硬化性レジン、セラミック、ダイヤモンドホワイト)で処置

歯の耐酸性を増して歯質を強化する歯を削らない治療法
◎レーザー治療『ストリーク』

歯を削らない痛くない治療歯を強くする歯質強化歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々繰り返されています。
ところが、このメカニズムのバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまいます。

レーザー治療機器『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により、その熱エネルギーによって歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、脱灰が起きにくい強い歯質にすることが可能です。


歯を再石灰化させて強化する歯を削らない治療法
◎MIペースト

歯を削らない痛くない治療MIペーストMIペーストは、私たちの歯の構成成分であるカルシウムとリンのミネラルを豊富に含む薬用ペーストで、歯の再石灰化を促進させ、歯を強化する働きがあります。

MIペーストを歯磨き後に毎日使用すると、初期虫歯であれば、その再石灰化作用により、ある程度の治療効果も期待できます。


歯を削らない歯の白い斑点(ホワイトスポット)の治療法
◎ホワイトスポット治療

歯の白い斑点ホワイトスポット治療ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類されます。

従来までのホワイトスポットの治療法は、白い部分を削ってプラスチックで詰めるか、カルシウムを補う歯磨き粉を使用して、時間を掛けて自然治癒を待つなどの方法しかありませんでした。
しかし現在では、初期虫歯とエナメル質形成不全のホワイトスポットのそれぞれに、削らないで治療する方法があります。

当院では、特に「痛みへの不安から歯医者に行けない人」を一人でも減らしたいという想いで患者さんと向き合っています。

治療は痛いものという前提にとらわれず、「痛くないのに効果的な治療だった」と感じていただけるような方針で治療を行なっています。

歯科治療が怖くて一歩が踏み出せない方や、
むし歯や歯周病で不安を感じている方は、
『ザ・デンティスト南青山』までご相談ください。

※当院では、保険適用外の治療のみを行っています。 あらかじめご承知おきください。

※上記で取り上げた治療はすべて保険適用外となります。

当院では、保険適用外の治療のみを行っています。 あらかじめご承知おきください。

※初診の際は、ご予約の時間より少し早めにご来院ください。

Clean & Safe

院内感染防止について細心の注意をはらっております。
安心して治療を受けていただくために治療機器の滅菌処理はもちろんのこと、院内全体に除菌水(EPIOS ECO SYSTEM)を導入しています。

ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F