ページの先頭です

Our Method

重度の(ひどい)むし歯・虫歯
痛くない治療

皆さんが歯医者に通うきっかけはどんな時ですか?

歯が痛い

大半の人が歯が痛くなってから通院することが多いと思います。
むし歯は状況にもよりますが、痛みがすぐにはでないケースもあり、また痛みに対して我慢できる程度の症状もあるため、「そのうち治そう」と思い放置している人もいると思います。

最近では定期的に予防の為に通われている方も増えていますが、地方などは都内に比べ歯に対しての意識はまだ低いのが現実です。


ムシ歯

数年前は実際ひどいむし歯の場合、歯を抜いて入れ歯にしていました。
現在は歯はできるだけ残しましょう、また歯をできるだけ削らないで治療(MI)をしましょうという傾向に変わってきています。

ただ現実的に「ひどいむし歯は抜かれてしまうかも...」「怒られたらやだ...」など
怖かったり、恥ずかしい気持ちになり、どうしたら良いか分からなくなったままの状態ではないでしょうか?


抜かずに治す治療、削らないで治す治療

ひと昔前のひどいむし歯の治療は抜歯でした。

ただ数年前よりMI(ミニマルインターベーション=むし歯治療、管理における最小の介入)という新しいコンセプトに移行しつつあります。

要は一つでも歯を多く残すことをベースに治療を進めていくということです。
ここ近年歯を残すための技術、知識は進んでいて、残すための方法もいろいろと開発、研究されています。

当院では抜かない削らない痛くない治療にこだわっています。


歯科レーザー
  • ストリークレーザーにてレーザー麻酔(レーザーの効果で歯を鈍麻させます)
  • ストリークレーザーにして侵食したむし歯菌を殺菌
  • ドックベストセメントにて新たに発生してくるむし歯菌や取り残されたむし歯菌を半永久的に殺菌
  • むし歯になりにくい補綴物(光で効果する超硬化性レジン、セラミック、ダイヤモンドホワイト)で処置

痛くないむし歯治療(無痛治療)

プラズマ

通常のむし歯治療は歯茎に麻酔をします。その際注射針を歯茎に刺すという処置はむし歯治療にはつきものになっています。

プラズマ

当院ではレーザー処置にて麻酔効果を生ませ、なるべく麻酔をしない治療を薦めています。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F