ページの先頭です

Our Method

インプラント治療

インプラント

インプラントとは失った歯のところ(顎骨)に歯の基礎となる人工歯根を埋め込む治療です。

簡単にいえば歯が抜け落ちてしまった部分に手術をすることで再び歯をつくりだす方法です。


歯を失う原因は色々ですが、進行したむし歯、歯槽膿漏(歯周病)、更には事故や顎の腫瘍などによって歯を失った方のための治療です。

特徴としてはインプラント治療は入れ歯と違ってよく噛めるというのが大きな利点です。
また、ブリッジのように隣接する歯を削る必要がなく、入れ歯と比べると審美性に優れている点があげられます。


当院では安全性と確実性を高め長期的に口腔内にインプラント保持できるようインプラント専門医による治療をおこなっています。

インプラント治療では、歯科医師とインプラント専門医が患者の顎骨の形態、骨幅、神経の位置に合わせた治療内容や最適なインプラント材質を検討し細部にいたるまで妥協無く治療をおこなっています。


歯科CTスキャン

インプラント

インプラントを埋入するのに注意する点は二点です。上顎であれば上顎胴、下顎では下顎管(下歯槽神経が走行する管)といれている部分です。
従来のレントゲン撮影では平面像(二次元)のみの情報を元に診断、治療をおこなっていました。

当院では最新型の歯科CTスキャンを使用し診断をおこなっています。
この最新型のCTスキャンを使用することにより、立体的(三次元)に情報を得ることができ正確なレントゲン診断が可能となります。

当院はインプラント治療を正確に進めるために最新型の歯科CTを設備しています。当院では歯科CTを導入し正確な治療をおこなえるよう、最新型のCTスキャンを設備しています。

この歯科CTスキャンはインプラント治療だけでなく、歯の根の病気、歯の破折(ひび割れ)、むし歯、歯を支えてる骨(歯槽骨)、歯槽膿漏、歯周病の状態を正確に把握でき患者さんにとっても安心、納得して治療がおこなえるようになります。


ジルコニアインプラント

ジルコニアインプラント

インプラントの治療に用いられる材質は基本的にチタン製の金属が用いられています。
チタンは他の金属と比べると生体親和性に優れ、今も入れ歯の床の材料として用いられています。
しかしチタンも万能ではなく全ての人に金属アレルギーがおこらないということでは言えませんでした。
そこでジルコニア製インプラントが登場しました。当院ではアレルギーの心配のないジルコニアインプラントも採用しています。

ジルコニアインプラントの特徴

  • ジルコニアインプラントの表面特性が汚れが付きにいく為感染を起こしにくい
  • ジルコニアインプラントは白い色をしているため、歯の色と馴染みがよく審美性に優れている
  • ジルコニアインプラントはメタルフリーであるため金属アレルギーリスクが軽減する
  • ジルコニアインプラントはチタン同様の強度があり長持ちする
  • ジルコニアインプラントは金属から流出している微弱な電流を発しないため長期にわたり体に害がない

チタン製インプラント

チタン製インプラントは現在最も多く使用されているインプラントです。 今日最も信頼性が高いのがチタン製インプラントといわれています。 チタン製インプラントは生体親和性に優れているといわれ、骨に結合(バイオインテグレーション)しやすい性状にインプラント表面を加工されています。

チタン製インプラントの特徴

  • 現在、最も埋入されているのがチタン製インプラント
  • チタン製インプラントは、外科、技術経験値が高い歯科医師により長期的、安定性が見込める
  • チタン製インプラントは骨に結合しやすい
  • チタン製インプラントは強度に優れている
  • チタン製インプラントは様々な形状のものがあり、顎骨の形態にあわせたものが選択できる

最後にインプラント治療はDRが外科知識と手技に精通している必要がります。

当院では数多くのインプラント専門医から経験、実績が特に高いインプラント専門医による確実性の高い治療をおこなっています。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F