ページの先頭です

Our Method

歯科レーザー

当院では全ての治療をMI(ミニマルインターベーション)のコンセプトに基づき行なっています。

MIの治療とは歯質や神経、骨にいたるまでの犠牲を最小限に抑え、生涯にわたり口腔内を機能的、審美的、そして外敵(細菌など)から守り、末永くご自身の歯で生活を過ごせるようにするための治療方法です。

具体的には歯を出来るだけ削らない、神経を温存する治療方法です。


MI(ミニマルインターベーション)の治療は高度な技術経験、最先端な設備によって行なわれる治療で、当院のストリークレーザー(歯科レーザー)で処置が進められます。

このストリークレーザー(歯科レーザー)の特徴は、痛みや不快感の少ない治療を受けられることです。
簡潔にいえば、簡単に処置が済み、痛みがほとんど無く、治療効果が早く現れるなどがあげられます。


当院で使用するストリークレーザー(歯科レーザー)の特徴

歯科レーザー

基本レーザーはタンパク質、黒い色、金属に強く反応し効果を発揮します。
例えばむし歯に感染した歯質は黒く(褐色)、侵食した部位は歯の性状(象牙質)からタンパク質がリッチ(豊富)な状態です。

プラズマ

ストリークレーザー(歯科レーザー)は黒い部分、タンパク質(むし歯に侵食した部分)に強く効果を示し、その部分以外の部位には殆ど反応しないため、今までタービンでむし歯に感染した歯質以外を削っていたような処置とは全くことなった治療です。

結果、余計な歯質を削る心配は殆どありません。

プラズマ

また、レーザー照射中の微振動、プラズマ光球体による熱エネルギーにより、一時的に神経に麻酔したような効果(鈍麻)をもたらします。結果、殆どのむし歯治療は麻酔なしで治療することが可能です。


ストリークレーザー(歯科レーザー)の使用例

  • むし歯の治療、予防
  • 知覚過敏
  • 根幹治療
  • 歯槽膿漏(歯周病)
  • レーザー麻酔
  • 口内炎、入れ歯による歯茎の痛み
  • 歯茎に黒ずみ(メタルタトゥー)など
  • 止血

何より歯科レーザー治療は麻酔無しで、むし歯を炭化させて除去しむし歯菌を死活させることが可能です。


MI治療での患者様のメリット

  • 歯の寿命が延びる
  • 治療時間、期間が短い
  • 削る量が少なくて済むためストレスが少ない
  • 痛みが少ないため怖くない(麻酔が必要なくなる)
  • 神経除去(抜髄)によって引き起こす疾患(全身)の予防
  • 出血をともなう外科的処置、治療を回避できる
  • 生体親和性がよく、アレルギーや全身疾患の予防できる

MI治療のデメリット

  • 効果に個人差がある
  • すべての症例が適応ではない
  • 自発痛、痛みの症状が顕著なときは不適用
  • 治療後、メンテナンスが必要な場合がある
  • 定期的に治療が必要な場合があり
  • 自費治療(保険適応外)

MI治療は患者の理解と同意のもとに進める治療といえます。

私たちは患者の望むことをくみとり、様々な治療内容、治療計画をご提案しています。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F