ページの先頭です

Our Method

歯の根の根管治療

根管治療とは歯の神経の部分の治療のことで、深いむし歯などで神経を取ったあとに根管という神経の部屋をきれいにして根の先まで薬を入れる治療です。

根管治療の精度によりその歯の寿命が決まり、また被せ物の土台にになる上でもの最も大切な処置です。


歯の根の専門医による治療
(顕微鏡、マイクロスコープを用いた根管治療)

一般の歯科でもよくおこなっている処置ですが、最近の先端歯科治療においては、予後を良く、そして長期的に保存するには専門的な技術をもった根管治療専門医による治療が行なわれる時代になってきました。

その理由として歯の神経は細く、細い枝(側枝)が四方八方に張り巡らされていて迷路のようになっており特殊な技術を駆使しないと根管内を完全に殺菌することが難しいからです。

従来の保険診療で行なわれている肉眼で手探り状態での根管治療とは違い、顕微鏡にて直接根の中を見ながら治療ができるので沢山のメリットがあります。

歯の神経の取り残しは根管内で感染源となり歯根の先に病気を生じさる原因になります。すなわち顕微鏡を用いて治療することで神経の取り残しを回避でき完全に除去することが可能と言われています。

しっかりと神経を抜いたは歯は根の先(根先)に病巣をつくるリスクを回避し、一般診療(保険診療)の根管治療とくらべ飛躍的に歯を保存することが可能です。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F