ページの先頭です

Our Method

歯槽膿漏(歯周病)の治療

歯槽膿漏(歯周病)

歯槽膿漏(歯周病)とは様々な要因で歯を支えている骨が溶けてしまう歯肉(歯茎)の病気です。

要因として挙げられるのは不均等な噛み合わせ、不適な補綴物(詰め物)、歯並び(歯列不正)、ブラッシング不足、そして加齢からくるものなど様々です。

症状としては歯茎からの出血、腫れ、口臭、歯の揺れ、噛んだ時の痛みなどが挙げられます。
歯槽膿漏(歯周病)は、世界で一番口の中で罹患されやす病気でその数は世界の人口の70%と言われています。


心疾患(狭心症、心筋梗塞)との関係

歯槽膿漏(歯周病)が原因で起こる身体全体への影響も深刻な問題となっています。
その原因のひとつとして歯周病菌があげられています。

今までの原因としては不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の因子として歯周病菌などの口腔内細菌による感染で引き起こされているとクローズアップされています。

更に脳梗塞については、歯周病の人とそうでない人の3倍ちかく罹患しやすいといわれています。
すなわち口腔衛生状態の良し悪しにより全身疾患に与える影響が大きいと言えます。


糖尿病と歯槽膿漏(歯周病)との関係

歯科CT画像

歯槽膿漏(歯周病)の合併症として糖尿病があげられます。

実際、糖尿病の人は健康な人と比べ歯肉炎や歯周病にかかっている人が多いという疫学調査が数多く報告されています。
また歯周病が悪化すると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってなってきました。

全身疾患予防のためにも、歯槽膿漏(歯周病)の治療が無視できない状況になっています。


一般的な治療(保険治療)の1つとして、歯茎を切り歯の根っこに付着している歯石、壊死セメント質を専用の器具で取り除く治療をおこなっています。

この治療では歯茎の炎症や腫れを改善できる場合がありますが、歯茎を切ってしまっているため、歯の根の部分が露出してしまい見た目が良くなく審美的な問題や知覚過敏の症状起こすことも少なくありません。

また歯の根の部分は他の歯の部位より非常にむし歯になりやすい構造と性質をもっており、むし歯に罹患し進行度合いによっては歯を抜くケースになりかねません。

歯科レーザー

当院ではレーザーを用いて歯茎に中にある歯周病菌を殺菌させ、特別な殺菌水を用いて歯茎に付いている歯石や壊死組織を殺菌、除去することで歯茎を切ることなく歯肉の腫れや炎症、出血を抑え、症状や生涯においての最適な噛み合わせの治療をおこない、患者様の深刻な悩みを解決していきます。

将来にわたってご自身の歯で健康に生涯を送れるよう治療を進めていきます。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F