ページの先頭です

Our Method

歯を削らない治療
MI=ミニマルインターベーション

美しい歯並び

MI治療とは簡単いうと最小限の侵襲すなわち「出来るだけ歯を残す治療」ということです。

従来の治療では、むし歯治療は早期発見し早期治療は基本でした。
むし歯の一般診療では、小さなむし歯をみつけて光で硬化するプラスチックや金属製の詰めものの治療を行なっています。
しかし実際歯を削ったことにより、しばらくするとまた治した歯が悪くなり結果歯の寿命を短くしてしまった方も少なくないのです。

タービン

金属の詰め物、被せ物のリスクとして金属の硫化という問題があります。
これは長期間口の中で金属が溶け出し、歯との適合、密着が不適合となり結果再度むし歯に罹患するということです。


症例:前歯が欠けた部位を修復

After
Before

前歯の切縁が欠けたまま放置した為、エナメル質より下層にある象牙質が虫歯になってしまいました。
この治療は高濃度のガラスフィラーを配合した修復材(グラディア)で形態を修復しています。
レーザーを用いて最小限の切削量で処置しました。


症例:保険治療の経年劣化によるむし歯治療

After
Before

数年前に保険適用で治療した部位がむし歯となったケースです。歯茎部位のむし歯は、歯の解剖学的特徴として神経に近く治療後に痛みを呈する場合があります。むし歯は表面的に小さく見えても奥に向かって広がっていることが殆どです。よって思いのほか深くむし歯が進行していることがあります。
この様なケースを放置していくとひどいむし歯となり、神経を抜く治療なったり、むし歯が根の方まで進行すると抜歯になることも少なくありません。
定期的に歯科に通院することのメリットは早期に処置することで最小限の治療で対応できることにつながります。
こちらの治療も高濃度のガラスフィラーを配合した修復材(グラディア)で形態を修復しています。


ドックベストセメント 歯科レーザー

最小限歯を削らない治療にはドックベストセメントストリークレーザーを用いて患者さんの歯を治療します。

むし歯の治療は痛みが少ない麻酔法、麻酔時に痛みが軽減できる歯科レーザー治療、歯を削る量を最小限にし、神経を残すドックベストセメント。

当院では全ての治療において、長期間ご自身の歯で過ごせるように、最新の設備と治療をおこなっています。


当院では、保険適用外の治療のみを行っています。 あらかじめご承知おきください。

※初診の際は、ご予約の時間より少し早めにご来院ください。

Clean & Safe

院内感染防止について細心の注意をはらっております。
安心して治療を受けていただくために治療機器の滅菌処理はもちろんのこと、院内全体に除菌水(EPIOS ECO SYSTEM)を導入しています。

ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F