ページの先頭です

Our Method

審美歯科
ホワイトセラミック、ダイヤモンドホワイトクラウン

美しい歯並び

審美歯科とは機能回復(噛み合わせ)と見た目の美しさ、むし歯になりにくさを同時に追求した治療法です。
この審美歯科を大きく分けると2つに分けられます。


一つ目として、今ある銀歯(金属製に詰め物、被せ物、アマルガム(水銀を用いた詰め物)を歯と同じ色の白い詰め物に交換する治療です。

審美歯科

日本の保険診療における治療は高品質な材料が使用できないため、どうしても金属性の詰め物や被せ物、また脆いプラスチック製の補綴物で処置することになります。
そして保険適用に用いられる金属やプラスチックはむし歯の再発のリスクが高く、再治療の際には再度むし歯を削ってしまうので、歯そのものの寿命を縮めてしまいます。

本来むし歯を治し歯の持ちを長くする為に治療しているはずが、歯の寿命を短くしてしまっているのが現実です。

金属性の被せ物、詰め物は微弱な電流が流れており汚れ(プラーク)が付着しやすいので、むし歯や歯周病(歯槽膿漏)になる原因になる可能性が高くなります。また常に口の中(口腔内)に金属が溶け流れている状態になっている為金属アレルギーや“掌蹠膿疱症”の症状がでることもあります。

審美歯科

口の中にある金属が快適な日常生活に与ええる影響は大きいのです。


二つ目は短期間に歯並びを変え、見た目の美しさと噛み合わせを追及した機能回復を図る治療(セラミック矯正)です。

矯正治療でも歯並びの回復は可能ですが、綺麗に並び終えるまで時間がかかってしまいます。
できるだけ短時間で短時間に美しく歯を並べるにはどうすればよいか?
それが審美捕綴(セラミック矯正)です。
見た目の美しさと咬合機能の回復の為、歯の形を変えてしまうということです。

利点としては、

  • 歯を早期に並べることができる
  • 好みの白さになる
  • 歯の形を自在に選択できる
  • 笑顔に自身が持てる(スマイルライン)

早期に歯を並べるという点については歯を最低限削って被せたり、接着することになります。
キレイに歯を並べるまでの時間は歯を削る時間(補正)する時間と、新しい歯ができるまでの時間、そして歯を付けるまでの時間です。
ガタガタの歯並びも、出っ歯も、受け口でも土台さえあれば真っ直ぐで白く美しい歯並びにすることができます。


ゴールデンルール(黄金律)

ではキレイな前歯はどのような条件を満たしていればいいのでしょうか?

当院では患者様に最高な審美性と機能性を提供するため「ゴールデンルール(黄金律)」に基づいて、理想とされる歯の大きさ、色、バランス、フェイスライン、スマイルライン全てにこだわった審美治療(ホワイトセラミックダイヤモンドホワイトクラウン)をご提供いたします。

この「ゴールデンルール」とはヨーロッパの美術、建築にも利用されていて、日本では「大和比」にあたるものです。
歯に関しては人種によって形、大きさの特徴があり、私たち日本人と白人を比べると縦、横の比率が違い、横(幅)に対して若干縦方向が短めの形態をしているのが特徴です。

美しいと感じる大きさ、形、色は患者様の要求通りに反映することは可能ですが、すべての歯が均等に噛み合い、上の歯の裏側(特に上の犬歯=糸切り歯)を下の犬歯が左右に動くようにすることで顎位が安定し顎関節や歯のひとつひとつを長く美しく保つことができるのです。

当院では末永く続く審美性、機能性を追及したセラミック治療を提供しています。


発毛や円形脱毛症と金属アレルギーとの関係

最近では口腔内の金属が発毛に影響するといわれています。

金属アレルギーによって円形脱毛症を発症することは良く知られています。

AGA、FAGA(男性型脱毛症、女性型脱毛症)と金属アレルギーのエビデンスは今のところない状況ですが、口の中の有害な金属が毛髪へ排出され毛髪中から金属が検出されているとも言われています。

いずれにせよ口の中の金属が有害であることは間違いないと言われています。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F