ページの先頭です

Our Method

神経を抜かない治療

むし歯

誰も歯の神経を抜くことを望んでいないと思いますが、一般には神経を抜く処置は多く行なわれています。

神経を抜く理由、原因は色々あります。

まず、むし歯が神経にまで感染侵食している場合です。
この場合神経は完全にむし歯菌により感染し痛みを呈して場合がほとんどです。
一般的に歯科ではこのケースを抜髄することが多いです。

他には知覚過敏が重度の場合、痛みを呈している原因がわからない場合神経を抜くことがあります。
しかし神経が残っている歯との寿命を比べると神経を抜いた歯は神経が残っている歯より寿命が短いのが一般的です。


ドックベストセメント 歯科レーザー

当院で用いられるのはドックベストセメントレーザー治療です。

ドックベストセメントとは銀イオンと銅イオンの殺菌力によって侵食したむし歯菌を死滅させる治療法です。

ドックベストセメント治療はむし歯、根管治療などに用いられますが、侵食の多いむし歯治療においては、非常に力を発揮します。

例えばむし歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜く(抜髄)ケースにドックベストセメント治療を行なうと神経を抜かずに済むケースが多々あり、先ほどにも述べたとおり神経を抜かないことで歯の寿命を延ばすことにつながるのです。

また、歯の詰め物、被せ物の裏装剤としても用いられ、結果として被せ物、詰め物をした歯が再度むし歯になるリスクを防ぐことができます。


ドックベストセメントの特徴

  • ドックベストセメント治療は神経を残せる可能性を高める
  • ドックベストセメント治療は痛みがない
  • ドックベストセメント治療は再発むし歯になるリスクを抑えられる
  • ドックベストセメント治療は象牙質を再石灰化させ歯質を丈夫に保つ
  • ドックベストセメント治療は半永久的に薬効があり、詰め代えの手間がない

また更にレーザーと併用することで感染した歯質を限定して殺菌、除去することで更に歯質を安定した状態で長期にわたり保存可能です。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F