ページの先頭です

Our Method

歯を抜かない・抜歯しない治療

歯医者に通院してる際、「この歯はもたない」、「根が悪くて抜歯になってしまいます」など、言われたことはありませんか?

そういわれると「何とかならないものか??」と思いながらも、歯科医師に説得され泣く泣く歯を抜くことになってしまった人も沢山いるかと思います。
勿論、歯科医師も抜きたくて抜いている人はあまりいないでしょう。

その後は抜歯して穴があいてる部位に骨がしっかりできればインプラント、また抜いた歯の傷口が治ったら型をとってブリッジや入歯になるケースがほとんどです。
しかし実際はなんとかしてでもご自身の歯を残したいと思っている人がほとんどと思います。


では歯を抜いてしまう生涯の影響はどのようになってしまうのでしょう。

社会歯科の統計学において、歯が残っている本数と平均寿命の研究データより、実際歯を多く残している人の方が平均寿命が長いという結果がでています。

すなわち健康で長生きするためにも歯をできるだけ残す必要があることがわかります。


もちろん、残念ながら抜歯しなければいけない歯もありますのでその例を挙げておきます。

  • 歯槽膿漏(歯周病)
  • むし歯を放置し歯根(歯の根)の部分までむし歯が侵食すると根を支えている骨が不安定になった場合
    ※むし歯により歯根と骨との間に隙間ができてしまい、その隙間に細菌(病原体)が侵入して不安定な状況を起こしている
  • 歯根の周りの骨(歯槽骨)が著しく残っていない場合
  • 歯根が根の先まで完全に割れている場合
  • 歯を残すための延命治療を施しても長期的に安定した予後を見込めない場合

我々歯を残すために歯科医師、歯科衛生士の継続的な処置はもちろんですが、日々の口腔ケアは個々でしっかり行なっていく必要があります。


どうしても残したい(抜歯したくない)という患者様には以下の治療法を提供しています。

歯科レーザー
  • クラウンレングス
  • ストリークレーザー処置
    (根周辺に対して殺菌処置)
  • ウィングロック
  • ドックベストセメント
  • 3MIX法
  • リグロス法

※安定、長期的な予後は個々の口腔内環境によります。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F