ページの先頭です

Column

器具の滅菌について
洗浄・消毒、そして滅菌へ

当院では、治療に使用する器具の洗浄・消毒後の滅菌のために、高性能な機器(クラスBオートクレーブ)を導入しています。
オートクレーブとは、内部を飽和蒸気によって高温高圧にできる機器のことで、オートクレーブを用いた滅菌は高圧蒸気滅菌と言われます。

理想的な感染予防サイクル

滅菌機

小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ規格EN13060では、小型高圧蒸気滅菌器の性能要件とそれに付随するテスト方法が規定され、医科・歯科などで幅広く使われています。

血液や体液と接触する可能性のある材料や器具には様々な形状のものがあり、それぞれの形状に適した滅菌サイクルで滅菌する必要があります。


唯一『クラスB』サイクルだけ

ヨーロッパ規格EN13060では、クラスB、クラスS、クラスNという3種類の滅菌サイクルのクラスがありますが、唯一『クラスB』サイクルだけが、全ての形状の被滅菌物(固形、多孔体、中空物、未包装、一重包装、二重包装)を滅菌できます。


EN13060で定められた滅菌サイクル

当院で使用するクラスBオートクレーブのソフトウェアは、滅菌サイクル中は常にEN13060の物理的なパラメーターをモニターするプロセス評価システムが組み込まれています。
このソフトウェアでバキューム工程の温度、圧力、乾燥工程を含むすべての数値と比較して滅菌を提供しています。

パルス真空

バキュームポンプを作動させることにより、チャンバー、滅菌パック、被滅菌物、それぞれの内部から99.9%以上の空気を除去します。

蒸気

バキュームによって99.9%以上の空気が取り除かれ、被滅菌物の隅々まで蒸気を行き渡らせることが可能です。

真空乾燥

減圧下では水の沸点が下がるので、低温(80°C程度)での乾燥が可能で、さらに内蔵のバキュームポンプを作動させることによって水分を吸い取りながら乾燥を行うので、より確実な乾燥を実現します。


※初診の際は、ご予約の時間より少し早めにご来院ください。

Clean & Safe

院内感染防止について細心の注意をはらっております。
安心して治療を受けていただくために治療機器の滅菌処理はもちろんのこと、院内全体に除菌水(EPIOS ECO SYSTEM)を導入しています。

ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F