ページの先頭です

Column

歯科レーザーの話

歯科レーザー

当院で使用するレーザーはネオジウムヤグ(NdYAGレーザー)のストリークレーザーです。

従来の歯科レーザーと当院のレーザーの相違は、高出力レーザーであるという点と生体親和性の高い酸化チタンを溶液にし治療に使用するという二点です。

プラズマ

この特殊な酸化チタンは球状にミクロ単位で加工されており、このチタン溶液が歯茎の溝(歯周ポケット)やむし歯に感染した歯の細かい部分のまでいきたわり、その周囲にレーザーを照射することでプラズマ効果が発生、この熱エネルギーによりむし歯治療や歯周病治療、歯の強化など様々な歯科治療をおこなえる最新の治療機器です。


レーザー麻酔(無痛治療)

無痛治療は一般に針を刺す部位に表面麻酔をしてから麻酔をするというものですが、このプラズマレーザーを使用すると麻酔をしなくても治療することが可能です。

プラズマ

従来の歯科レーザーとは異なる高出力レーザーと特殊酸化チタン溶液によってプラズマ球体を発生させその熱エネルギーの波動により神経を麻痺させることができ麻酔効果が発揮するのです。
またこのプラズマ効果のエネルギー熱を感じることがほとんど無いため、何方でも治療が受けることができます。

従来のレーザー治療では麻酔を使用することが多くありましたが、当院のプラズマレーザーは麻酔なし治療することが可能です。


歯科レーザー治療で使用するレーザーの種類を分類すると4種類あります。

種類
波長[nm]
最も効果的 効果的 不向き
Nd:YAG
(パルス)
1064
歯周治療、疼痛緩和、止血、むし歯予防、/先端加工後:メラニン除去、歯肉息肉、歯肉切開 根管治療、メラニン除去、歯肉息肉、アフタ 歯肉切開、歯牙切開
半導体
(CW)
810・980
止血 歯周治療、根管治療、メラニン除去、疼痛緩和、歯肉切開、むし歯予防、歯肉息肉、アフタ 歯牙切開
Er:YAG
(パルス)
2940
歯牙切開、歯石除去 メラニン除去、疼痛緩和、歯肉切開、歯肉息肉、アフタ、歯周治療 根管治療、むし歯予防、止血
Co2
(パルス)
10600
歯肉切開 疼痛緩和、むし歯予防、歯肉息肉、アフタ、メラニン除去 歯周治療、根管治療、止血、歯牙切開

通常のNd:YAGレーザーは歯周病治療、むし歯予防の優れているのが特徴です。

当院の歯科レーザーは、生体親和性に優れた特殊な酸化チタン溶液と光ファイバーの先端に特殊加工した世界最高峰のNd:YAGレーザーです。
他のレーザーでは治療できなかった重度の歯周病やむし歯治療などに類を見ることのない治療結果を発揮します。


ザ・デンティスト 南青山

〒107-0062 東京都港区南青山4-2-6 南青山426ビル 2F